東京都水道局指定工事店とは

水道工事業者を選ぶポイント

まず第一に、各自治体から 指定工事事業者としての指定 を受けているかが最大のポイントになります。

「指定工事事業者」とは、各地域の水道局から水道工事を適正に施工することができる水道業者として、担当地域の水道工事を許可された「水道局指定工事店」のことです。
指定を受けるための要件は全国どこも同じで、水道業者は水道工事を行おうとする場合は、その給水区域の自治体に対して指定の申請を受けなければいけません。
この指定を受ける事自体が施工技術等の実力は十分と言えます。
依頼をしようとした水道業者が、お住まいの地区の自治体から指定を受けた「水道局指定工事店」であるかどうか、そのポイントをチェックすることで適正な水道工事業者であるかどうかが判断出来ます。

指定業者と非指定業者の違い

「水道局指定工事店」でなくても、価格が安いからと水道工事業者を選んでいないでしょうか?
実は各自治体から「指定給水装置工事事業者」として指定されているかされていないかでは大きな違いがあり、このことを知らないでいると後々トラブルが起きるケースも少なくありません。
上下水道を管理しているのは、各自治体の水道局や水道課です。
水道工事を行う場合は、その地域の水道管理をしている自治体から「水道局指定工事店」としてのお墨付きを得たうえで工事を行うことが、水道法により定められています。
もしも、非指定業者に工事を依頼し施工を受けてしまった場合、法に違反したということで最悪水道の給水を止められてしまう等のペナルティを受ける可能性があります。
ペナルティに関しては各自治体により違いがありますが、指定業者へ依頼することが施工トラブルの防止の為には重要なポイントになります。